ゴルフを楽しもう!健康的に体を動かし楽しむスポーツがゴルフ

ゴルフを楽しむ

ゴルフを楽しむ

ナイスショットを連発すると嬉しいものです。ゴルフ練習もそこを目標に頑張っておられると思います。しかし、どんなプロでもすべて完璧なショットができているかというと、実際にはそうではありません。

 

いい球だけを打つことだけを考えてゴルフをしていると、楽しむために始めたゴルフが全く楽しめなくなります。ゴルフはとても広大なフィールドで行われる数少ないスポーツです。

 

もちろんゴルフの楽しみ方も人それぞれです。はじめのうちは、一緒に回っている人に教わりながら一歩一歩進んでいることでしょう。少し慣れてくると、スイングの質や、ボールの起動などの高度なことが気になるようになってくるものです。

 

また、ごるふのたのしみのひとつは、このようにうでまえのちがうひとどうしが、おなじフィールドでプレイすることができることです。上達するほどゴルフの奥深さが理解できるようになり、どんどんのめり込む人がほとんどです。

 

また今のケンコーブームがゴルフの楽しみ方を後押ししています。何よりゴルフはとても歩きます。そのために健康的にのびのびと楽しむことができるスポーツです。

 

しかし、ゴルフの技術にばかり目が言っていると、このようにゴルフを楽しむことができていないことになります。いい球を打つことだけを考えていると、一緒に回っているゴルファーへの配慮もかけて、今度からは読んでもらえないこととなりかねないのです。

 

ゴルフの技術の上達はゴルフを楽しむために一つのツールに過ぎないのです。本末転倒にならないようにゴルフを楽しみましょう。

 

ゴルフは練習がもろに出るスポーツ

ゴルフは練習がもろに出るスポーツ

ゴルフは何といても練習がもろに出るスポーツでもあります。練習を怠ったままコースに出ても、いい成績を出すことはとても難しいからです。

 

一日3キロのジョギング、毎日の練習場での打ち込みなどをしなくても、スイングチェックを行うだけでも随分と成績は変わってくるもんです。

 

また、非力な女性でも長いドライバーを持つことで飛距離を出すことができるのも、ゴルフの醍醐味です。

 

最近のゴルフクラブの技術革新により、ずいぶんと軽量化が進み、その分長いドライバーで遠心力を出すことができるようになってきています。しかし、ショートアイアンよりも、ロングアイアンの方がコントロールが難しいのと同じ用意、ドライバーでも同じことが言えます。

 

さらに軽いドライバーは、手打ちスイングになりやすいという弊害も兼ね備えています。あたり底値が多くなると、もちろん成績に直結してしまいます。手打ちスイングが癖づいてしまうと、スイングの正確性が低下してしまうことになりかねません。

 

重いドライバーは体全体で降らないといけ戦。そのために正しいスイングをする必要があるのです。軽いドライバーだと手打ちになりがちで、その後にスイングフォームに悪影響が出る人が多いのです。

 

 

軽いクラブを使い続けているうちに、知らず知らずのうちに、手打ちのようなスイングになってしまっているのです。自分の体力や体格に合わせたピッタリのクラブを選ぶことが大切です。

 

私は先日フェアウエイゴルフというクラブ通販サイトで購入しましたが、日本にはない品ぞろえで、ピッタリなものが見つかったのでとても満足しています。